赤ちゃんと行く東京ディズニーランド(TDL)

赤ちゃんと行く東京ディズニーランド

HOME >> ファストパスを取りに行こう  ※運営者情報・お問い合わせ

ファストパスを取りに行こう

東京ディズニーランドには、たくさんの人気アトラクションがあります。

プーさんのハニーハント、トイストーリーのアトラクションなど、あとはジェットコースターでビッグサンダーマウンテンなどもアトラクションのひとつと考えてよいでしょう。

それらのアトラクションは、とーっても人気で、行けばすぐ入れる、乗れるという甘いものではないんです(笑)東京ディズニーランドに一度でも行ったことある方はわかりますよね。

アトラクションひとつ乗るだけで、平均1時間ほど待つことになるんです。良い時で40分、悪い時は2時間くらい待たされることもあるのです。

どこが人気アトラクションなのか?調べればすぐにわかります。

そんな人気アトラクションに早く簡単に乗れる方法はないのでしょうか?

。。。

それがあるんです。

それが今回ご紹介する「ファストパス

ファストパスって、予約券みたいなものです。この予約券をもっていれば、アトラクションに並んでいる行列を横目に見ながら、どんどん奥まで入っていけるんです。

このファストパス、どこで手に入れるの?って声が聞こえてきます。

ファストパスは、各アトラクションの近くに、専用の発券所がありますから、そこでもらうことになります。当然人気のアトラクションですから、このファストパス発券所にも並ぶんです。

僕も並びました。

朝オープンと同時に、走ってまずおめあてのプーさんのファストパスの発券所を目指しました。

するとすでに長い行列ができているんです。これには正直驚きです。

ファストパス発券所に並ぶ列
(がんばって走ったのにもうこんなに並んでいるなんて)

僕が並んだあとも一気に行列は長くなります。

朝一番で走ったのに、15分ほど待ったでしょうか?ようやく時分の番が回ってきてゲットできました。

このファストパスには、そのアトラクションに優先的に入場できる時間帯が記載されています。その時間帯に自由に入ることができるんです。

長だの列を飛び越えるように一気に奥までいけます。まるでVIPになったかのようです(笑)

ここでひとつ注意点ですが、ファストパスは同時に何枚も手にんれることはできません。同じ方が複数の予約券を所有できないようになっているのです。ですから、ひとつのアトラクションが終了したら、すぐ次のトラクションのファストパスを取りにいくようにしないといけません。

こうした時に役立つのが大人の数。子供を見ている間にあまった大人が時間が重ならないように次のファストパスを取りに行くというのがディズニーランドをうまく攻略するコツのようです。

とにかく、ディズニーランドは広いです。これこそ、お父さんの見せ場でしょう。がんがん走って、子供のため、奥さんのためにファストパスをいっぱいゲットしましょうね。

スポンサードリンク

その他 東京ディズニーランド攻略情報

Copyright (C) 赤ちゃんと行く東京ディズニーランド(TDL) All Rights Reserved.